naa局長のほーむぺーじ 本文へジャンプ
日記
2010年度へ続く

2010年3月29日(月)
内示発令
本日夕刻内示が発令された。異動による移動距離は数十メートルで前の建物の古巣に戻るだけだが、部署が大きく変わり仕事の内容も当然変わる。前任者から引き継ぎをしてみないと何とも言えないが、新しい仕事を新たにまた覚えなければならないのは確実。異動のたびに少し痩せて、髪の毛が1本、また1本と抜けていく!?
でもプラス思考の局長は「これでやっと人並みの休日に戻れる。」と喜ビーム!
しかし、今回の内示は新市長の発令ではないので、局面は大きく変わる可能性大!まだまだ油断は出来ないのである。

2010年3月28日(日)
無事終了!
1級になって初めての試合運営になる。いつもと同じ試合運びではあるがやはり気を使う。事故無く無事に終わって当たり前の事が、今まで以上に安全第一を最優先にしなければならない。つい最近まで18mしか打っていなかったのが、いきなりシングルの試合となると気の使いようは正直半端ではない。浅古の桜もちらほら咲き始め(写真を撮る余裕もありません。)桜見の人がいつ何時にひょこっと現れるかもしれない。幸い今日は誰も現れなくて一安心。
少し肌寒かったが、何とか一日天気ももって無事に終了できました。たいへんよくできました。(まる)

2010年3月25日(木)
奈良県体育協会評議員会と県ア連理事会

今日は朝から忙しい一日だった。まず、今週末開催する記録会用のライン引きを雨の中やり、午後から県体協評議員会に出席の為、奈良ロイヤルホテルへ行ってきた。本来なら評議員は会長と強化部長を選任しているので、私の出る幕ではないが、二人とも都合が悪く会長の代理と強化部長の委任を受けての出席となった。昨日速達で評議員会の資料が送られて来た。ざっと目を通す。次年度の計画と予算であるが、計画の中でやはり気になるのはスポーツ指導員講習会。上級指導員では2団体、公認指導員は6団体が実施するようだ。どの競技団体も東京国体には必ず必要と成ってくる。会員の多い競技団体は自県で実施出来るのだろう。アーチェリーの場合は少人数なので、近畿圏内からも寄って貰わないと中々開催する事は無理かもしれない。幸いアーチェリー界はアットホームなので、どこで開催してもすんなり受け入れてくれるので非常にありがたい。などと思いめぐらせている間に無事評議員会も終わり、その後21年度中に功績のあった団体と選手に対して表彰式が行われた。我が連盟からは身障クラブ経由で推薦した3名が会長賞を受賞。奨励賞に2名が選ばれた。(会長賞は全国大会以上のレベルで優勝。奨励賞は近畿大会クラスで優勝する事が条件となる。)
受賞者の皆さんおめでとうございます。
県体協関連は無事終わり、引き続き県ア連理事会の為田原本までまた急いで戻る。総会に提案する最終の案件を理事会に諮り無事承認得て本日の予定は全て終了。あ〜忙しかった。(2010年度行事計画案も県ア連ホームページへ載せなければ。本格的に忙しくなるのはこれからだろう。)
※因みに奈良ロイヤルホテルの部屋を借りた場合、一番小さな所で1時間10,000円かかる。そうだ。式典の部屋はその数倍!


2010年3月24日(水)
市長及び市議W選挙
21日告示された我が市の長と議員を決める選挙も中盤となり、市長定数1名に対し2候補、市議定数16名に対し21候補の選挙カーが一斉に市内を駆けめぐっている。今日はA市長候補の個人演説会が公民館で行われるので勤務しなければならない。明後日はB市長候補が使用する予定。(公職選挙法によると一回のみ公民館の使用料は選挙管理委員会が負担する。)まぁ28日の夜には全てが決まる訳で、新しい市長の下、体制も大きく変わってくるのだろう。来週には人事異動の内示が出てそろそろ私も変わるかも?

2010年3月19日(金)
奈良県民体育大会打ち合わせ会議

今日は午後から橿原市内で7月に開催される県体の打ち合わせ会議に行ってきた。昨年は木曜日だったので良かったものの今年は金曜日に開かれたので仕方なく午後から年次休暇を使っての出席である。
さて会議の内容は、各競技団体の要項の説明からざっと始まり例年通りの中身であるが、アーチェリーの方は受付窓口が変更となった。今年から申込は全て私の所に来る。(当然だが。)まあ去年まではバラバラ届く申込書の状況を聞いてある程度集まった時を見計らい前局長の職場まで取りに行っていた。今年はその分手間は省けるがそれ以上責任も重大。また、公認記録会に出てくる選手なら大体の実力は分かるが、県体はそうはいかない。年に一度この日だけ出てくる人もいれば、中には全く知らない人もいるくらいである。特に専用のアーチェリー場ではない三宅町健民運動場での開催なので防矢ネットの設置や脚、畳等々色々搬入や仕込みが何せ大変!ここは1984年(昭和59年)に奈良国体(わかくさ国体)が開催された時のアーチェリー会場でそれ以来ず〜っと使用させて貰っているが、もう国体から既に26年経過し、安全面が最優先の事や、運営費削減により連盟からの出費増等々考え2011年からは会場を浅古にしたいと思う。県体育協会には一応会場の変更ついては打診している。(変更はOK!)あとは理事会の承認と現三宅町長(元会員)の気分を損なわないよう根回ししておかなくては。
※今回の要項の中に『危険な行射と判断した場合は、競技を辞退していただきます。』と新たに加えました。
♪テレビが変わる、会場も変わる2011〜♪


2010年3月18日(木)
農業公園「卑弥呼の庄」
3月15日付けの奈良新聞に3月20日オープンする農業公園「卑弥呼の庄」の記事が載っていた。場所は浅古射場から車で15分位のところ多武峰方面談山神社の手前になる。地元の野菜や肉など使ってのバイキングが売りのようで、客席は500席以上あるらしくレストランにしては相当でかい施設。それだけなら別に何の事はないが、記事の中には「アーチェリー体験」の文字があるではないか。まぁ遊園地にあるような誰もが楽しめる的当てゲームの程度とは思うが、昨年の事故以来特に事故防止には神経を尖らせている昨今なので、一応県ア連として施設の安全性とアーチェリー経験のあるスタッフの常駐について等昨日電話で問い合わせ、今日現場を見せて貰ってきた。
オープンまであと2日しかないので、急ピッチで工事が行われていた。現場責任者の方の話によると大阪府堺市にある「ハーベストの丘」も同系列らしく、そこでも同じくアーチェリーがあるとの事で、弓具もそこと同じく東京の○○ロスト?から調達しているとか。
まあ、幾ら軽い弓と言っても飛び道具な為必ず危険を伴う。また不特定多数の人が体験される事もあるので、中にはとんでもない人がいるかもしれない。
万が一事故が起こってからでは遅い!。
民間の施設の運営に組織として直接関与は出来ないが、一応、安全対策についてのお願いだけしてきた。
奈良県アーチェリー連盟監修射場なんて事もしたくはないので、一応この程度にしときます。

※本日1級認定書届きました。
これで本格的に責任がのし掛かってくる。実に重い!

2010年3月14日(日)
全ア連総会

本日は、全ア連総会。場所は初めて行く「味の素ナショナルトレーニングセンター」。周りには西が丘サッカー場や、国立スポーツ科学センターもあり、正に日本のトップアスリートを生み出す拠点である。この施設は2000年に設置され、JOCが運用しているが、昨年2009年5月に命名権を味の素に売却(4年間で3億2000万円)して、その名前になったとか。流石トップアスリートが利用する施設とあってかセキュリティーも万全で、受付で借りたICチップ入りの通行許可証を各ドアにかざさないと出入り出来ない仕組みになっていた。(会議室前の廊下でレスリングの浜口選手と擦れ違った。)
さて、本題に議題は平成22年度事業計画案と収支予算案について、それらは別に何ら問題はないので全員異議なし!次に各部会から提案された重要案件について。22年度からの公認料について。賛否両論だが、フィールド競技を含め多く試合を実施している所はやはり堪える。個人的には免除は廃止して1試合5,000円で良いのではと思うが、取りあえず22年度は理事会で決めた8試合免除とし様子を見て欲しいとの事である。あと、全日本選手権のコンパウンド部門の別開催(これは保留)や競技規則改正に伴う説明会の開催などなど案件が多く出され予定時間を30分以上も超過したくらいの中身の濃い総会だった。その後軽く懇親会が開かれたが安倍会長と世耕副会長は公務多忙により欠席。残念。
それと、昨日の合格通知を受けて総会会場で地区審判委員長の署名押印を頂きそのまま全ア連事務局へ申請書と5,500円を支払い、超最短1級審判員申請を無事完了!これは日本記録かも?


2010年3月13日(土)
一級審判員試験その3

2月20日試験後の説明では、結果発表は最終3月13日の総会前日に開催される理事会に於いて承認を得て発送すると言われていたが、本日結果が届いた。恐る恐る封筒を開ける。
ズルルルルルルルルルル(ドラムロールの音)ジャジャーン。
結果無事『合格』おめでとう。ありがとうございま〜す。晴れて一級審判員になれました。
通常この後全ア連主催競技会の実務研修を受けなければならないが、ご承知の通り昨年の9月に既に修了しているので、後は1級公認審判員認定申請書(審判員様式1:1級認定)に地区審判委員長の署名押印を頂くだけである。その委員長も明日の総会に出席するとの情報を入手しているので会場で直接手渡し出来る。うまくいけばその場で書いて頂き、そのまま事務局へ登録料の5,500円を現金で支払う事が可能ならば最短申請となる訳だが。世の中そう甘くは無いだろう。まぁいずれにしても、良かった。良かった。ご声援頂いた皆様ありがとうございました。
明日は晴々した気分で全ア連総会に行って来ま〜す。


2010年3月6日(土)
名張市民インドア大会
今日は、今期最終のインドアの試合。例のごとく親善大使としては行かない訳にはいかない。明日の兵庫県ア連50周年式典をけっての出場である。
今年も全日インドアは出られなかったし、未公認と言う訳ではないが大いに楽しむつもりで参加した。それと先週の記録会で自己新を出して勢いにのっている名張市民CPアーチャーには是非とも優勝して貰いたいとの願いもあった。が、その願いも虚しく、前半の相手の1点リードを後半3点ひっくり返し、結果2点差で勝ってしまった。点はお互いショボイので余り大きな声では言えないが、相手を応援しながら自分も真剣に打った。
今回、良い打ち方と悪い打ち方の違いを実感出来た。いつもは点数ばかり追っていてそれどころではない。理想はじっくり押し手が安定するまでじっと我慢の子で待つ。必ず止まる時が一瞬であるが来る。その瞬間にリリースのタイミングがぴったり合えば絶対10点に入る。のだがそれまで肩が言う事を聞いてくれない。止まらない内に打とうとするので当然ばらつく!(当たり前)兎に角練習ではじっと我慢の子でいよう。焦りは禁物。22日の京都フィールド記録会に向けて頑張ろう。
タマちゃんお好み食べられないので、5月現地で広島焼きを食べられますように。ジュワー(鉄板の上のおたふくソースの音)

2010年2月28日(日)
県インドア記録会
今日は、今期最終の公認インドア記録会。例年、最終のインドアは一試合しか計画しておらず、午後から体育館を使っても使わなくても使用料を払っていた。実に勿体ない話。そこで局長は、例のごとく我が宇陀AC主管でもう一試合公認記録会をする事にした。県ア連と宇陀ACとで体育館使用料(通常使用料の3倍徴集されている。)や運搬代など折半出来る。が、午後の分の公認料、審判旅費、的紙代は当然宇陀ACからの負担である。が参加費も県記録会と同一にした為、今回参加賞や入賞品を出すことが出来なかった。申し訳ないです。
2009年度は3月の体育館が使用の関係でインドアは2月に重なってしまった分、まるまる空いた3月末に初めてシングルを入れたので、例年お邪魔させて貰っていた岐阜シングル記録会へは行けないし、まだ肩も完治していないので審判します。
折しも3月28日は我が市の市長と市議会議員のタブル投票日。そんな日にすな!どっち?もちろん選挙。

2010年2月25日(木)
県理事会

本日は県理事会。4月4日の総会に向けての議案の審議である。メインは次年度の事業計画。局長に就任して初めての計画となり、特にインドアは例年の桜井と併せて地元でも開催する事にした。田舎の体育館ながら、バスケットコートは楽々二面取れる広さ!おまけに使用料も安い。とくれば使わない訳にはいかない。近くには温泉施設もあり、インドアで冷えきった体を温めて帰って貰える。ただ、最大の難点は交通の便。車だと浅古から15分で着く距離だが、公共交通機関では、近鉄大阪線榛原駅下車、奈良交通バスで約15分(1時間に2本運行)乗り、そこから徒歩10分位かかる。交通費と移動時間の関係で高校生にはちょっとしんどいかも?その高校生の参加を見込んで広い場所も計画したが、果たして何人参加してくれるやら?平成22年度インドア開催予定日12月5日(大宇陀)、1月9日(大宇陀)、1月16日(桜井)、2月6日(桜井)、2月13日(大宇陀)、3月6日(桜井)の各2試合で計12試合の予定。
事務局が代わり定着した場所を予約する事も段々難しくなってくる。会員ありきの連盟で、会員が行きやすい場所の意見もあるが、基本的には事務局が運営(予約等)しやすい環境に会員が柔軟に対応出来るようになれば一番良いのだが。やはり事務局の苦労は事務局をした者でないと分って貰えないだろうなぁ。

大宇陀体育館奈良県宇陀市大宇陀区拾生89


2010年2月20日(土)
一級審判員試験その2

遂にこの日がやって来た。万が一の場合に備え前日から都内に入った。そして、今日は9時10分から受付、20分から軽く講習会を受けて、10時からいよいよ試験の開始である。
○×問題30問(各2点)、その根拠となる競技規則の条項も記載しなければならない。
次に、規則運用を引用した答えを作る出題が2問(各20点)、合計100点となる。これを2時間で解く訳である。。
試験後解答を貰い自己採点してみる。30問中1問間違い。−2点。あと最大の問題なのが規則引用作文。解答からみれば本来意図する内容と少し違った解答をしてしまった。※実は本来の解答も一旦は書いてはみたが、よくよく考えた末これは関係ないと思い消してしまった。それだけに、そこの所だけ悔いが残る。余計な事でも一応は書いておくべきだった。もう一つの方は大体解答に近い内容を書けていたので大丈夫だろう。
合格ラインは80点以上。予想では○×問題で58点として残りに2問の40点満点中、22点以上くれるかかどうか?ちょっと厳しいかも?5点と17点でも下さ〜い。
結果は3月中旬になるそうだ。

昨日のお宿は、品川のプリンスホテル新高輪。何故か最初予約してあった部屋より更にランクアップしてくれた。多分予約ミスかなんかだろうか?。最上階で広さは何と60u。液晶テレビは壁の向こう側に更にもう一台。まぁこんな経験はこの先もないだろう。良い思いをさせて頂きました。


2010年2月14日(日)
スポーツ指導員講習会第5日目(最終日)

今日は、巷ではバレンタインデー。それと舞洲インドア。今年は行けず。ほんまイケズ!(なんのこっちゃ。抹茶に紅茶。つっこみありがとう!浜村淳。)と巷の邪念を祓い、漸く最終日に来ました。昨年の5月の申込に始まり、8月末に共通科目の教材が届き、12月からの専門科目と、申込から通算して実に9ヵ月となる。最終日の試験を無事合格したとして、正規の登録が秋頃になるらしい。通常与えられた課題レポート10時間分を全部提出し、専門科目の30時間を無遅刻・無欠席で受講したとしても一年半はかかる。専門科目で一つでも欠席すればその分どこかで必ず受講しなければならない。これまた期間が長くなる。(前回は徳島から受講に来られていた。)まぁいずれにしても長い道のりである。
で、最終日は12月最初に行われた場所と同じく同志社女子中学校。午前中は「スポーツによる怪我の予防」と言う事で、各関節の正しい動きのチェック方法とストレッチを学んだ。午後からは「初心者用弓具のチューニングと選別指導」で、リカーブボウの三大メーカーの比較や、どのタイプの弓を選択するかなど習った。そして、いよいよ検定試験。はやりメインテーマは、予想通り「安全対策」についての出題だった。非常に難しい試験と30時間専門科目の講習会を無事全て終えました。あ〜やれやれ。ご苦労様でした。お世話頂いた京都府アーチェリー連盟の役員さんそして講師先生どうもありがとうございました。
そして、来週はいよいよ一級審判員試験。勉強、勉強。(おら、東京さ行くだぁ〜)

 昼食、餃子の王将出町店に行って来た。ここは有名らしく王将が創業した当初からの老舗らしい。
珍しいのが右の看板。腹一杯食べさせ貰う代わり、お代は30分の皿洗い。但し学生さん限定。
店主さん太っ腹!これまでどれ程の学生が救われた事でしょう。いつになくホッとするお話。

2010年2月12日(金)
マスターズ全国通信

本日、全ア連よりマスターズ通信アーチェリー大会の表彰状が届いた。奈良県会員分計14枚。しかもバッチや審判員の認定書と同じく安倍会長の名前ではないか。それと会員で唯一CP/FITA900の部男子60歳クラスで見事一位に輝いたA田氏だけに記念の盾が付いているではないか。(羨ましい。やらんとこ。)て人の物は欲しがらず実力で取ろう!
2月28
日のインドア記録会の開会の時か総会にでも渡そう。入賞された皆さんおめでとうございます。


2010年2月7日(日)
トレーニングタイマー

本年度インドア記録会で新たに導入した。全ア連競技規則による、音響に加えて視覚よる制限時間を管理する装置である。例年コンパクトな円筒型のシグナルを使っていたが、時間が表示されないので、残り秒数が分からない。かといって通常の信号機を持って来るのも重いし、接続コードがまた長すぎるのでセッティングにも時間が掛かってしまう。某ショップのLEDの信号機は確かに優れ物だが、高額な為ちょっと手が出ない。(国内で唯一個人でそれを持っている人物を知っているがそう何回も借れない。)で、手頃で代用品的なものはないかと色々探し、モルテンTRT10トレーニングタイマーに行き着いた。最初一台試しに買ってみたが、タイマー本体を操作する為に毎回々行き来しなければならない。オプションを見ると操作盤と言う物があるではないか、手元で操作出来るようだが、附属のコードがやたら短い。意味ない。でも延長コードも売っている。しゃーない買え。けど1台では見にくいかもなぁ。思案の末もう1台お買い上げ。そうすると本体同士を接続するコードも必要となってくる。在庫は80mしかなく、インドアなら30m位で十分と思うが、別注になるらしい。日数もかかる上に差ほど値段も変わらないようなので結局80mにする。そのコードを巻き取るリールも必要だろう。タイマー2台54,022円、操作盤1台24,360円 操作盤ケーブル13,610円、タイマーケーブル17,640円、ケーブルリール6,804円 合計116,436円のお買い物を色々販売店とメーカーと相談しながら3回に分けて発注したのである。
12月のインドアから使用しているが、1月も会場に行けなかったので、今日初めて新タイマーの働きぶりを見させて貰った。
なかなかええんちゃう!


2010年2月5日(金)
全関西理事会

今回も難波OCAT4階の研修室で行われた。ここは5階の飲食店を除きその他館内は全て禁煙で喫煙室すら完備されていない。実に健康的な施設である。トホホ!会議が始まるまでその上の階で晩ご飯を食べ吸いだめして会議に臨んだ。
さて、議案は前回の案件の確認と本年度の事業会計報告で、2009年度主管となった府県よりそれぞれ収支決算報告を受ける。昨年度と比較して参加者が随分少なくなって来ている。当然収入が減ると=開催する府県の支出が増えてくるので責めて定員枠は参加して貰いたい。
それだけ全関西大会に対する意欲が失われているのだろうか?近畿大会で優勝すれば凄い人と地元では有名?になり、昔は全関西ターゲットで優勝
すると各地区大会優勝者枠があり全日本ターゲット選手権に出られた。再び地区優勝者枠を復活してもらいたいものだ。て実力で行きなはれ!
いよいよ09年度も終盤を迎え、各府県総会前の準備で大変だろう。年度代わりのこの時期が何かと忙しい。
今月20日の試験が終わったら早速まとめに取り掛かろう。


2010年2月4日(木)
免許更新(妻編)
今日は妻の免許更新の為、県免許センターに行って来た。ここへ来るのは昭和58年2月22日にバスの免許を取って以来27年ぶりとなる。久々にやって来ても、やはり試験会場や試合会場など何かと自分を試される所はどこでも緊張するものだ。
さて、講習中暇なので技能試験を観て回った。今日は普通、大型、大型二種、牽引、大型特殊の試験が行われていて、普通以外はそれほど多くもなく、牽引免許は2人しかいなかった。それに、試験車もすっかり綺麗になっているではないか。待合室に掲示されているそれぞれの試験コースを見て、当時実際コースを歩いて必死で覚えたなぁ。
その内いつか気が向いたら、牽引免許に挑戦してみようかな?キャンピングカーを引っ張って全国行脚に行くのが夢でもある。
それと今日は折角来たついでに優良運転者の申請をして帰った。これで一回くらいの違反は許してくれるかも?
免許とは、ご免と誤り、許すもの。そんなアホな。 (携帯カメラで撮ったのでどうも縦長になってしまった。)



2010年1月31日(日)
ひなせインドア

先週に引き続き試合に行った。久々の遠征である。(そんな大層な!)全日インドアの雰囲気を味わうため会場へ下見がてら参戦してきた。6年前の日生町長杯シングルでCP部門で優勝させて貰い縁起の良い場所でもある。当時、2004年モデルのプロテック(兵庫県のCP女王から買ったボウ)で、プロセレ196とバックテンションで出た。岡山ではバックテンションリリーサーを使っている人は一人しかいなく、その人は仲間から阻害されいた様で、私の優勝を自分の事の様に喜んでくれた。今回6年ぶりに再会出来ると思っていたが残念ながら来られてなかった。
CPの部は午前中で終わったので、昼過ぎには日生を出て帰路につく。
会場手前に、お好み焼き屋「タマちゃん」があり、お店の周りの駐車場はほぼ満車状態。警備員まで雇っての誘導。実際お店には寄らなかったが、美味しいのだろうな?気になる。3月行けたら寄ってみよう。


2010年1月26日(火)
マスターズ全国通信

本日、全ア連より昨年11月3日急遽思いつきで実施したマスターズ通信アーチェリー大会の成績表が届いた。奈良県会員の名前を調べて見る。RC/FITA900の部男子50歳クラス2名、CP/FITA900の部男子40歳クラス3名、CP/FITA900の部男子50歳クラス2名、CP/FITA900の部男子60歳クラス3名、CP/FITA900の部男子70歳クラス1名、RC/70mの部男子40歳クラス1名、CP/70mの部男子60歳クラス1名、CP/70mの部女子50歳クラス1名。実に14名が載っているではないか。因みに局長はCP/FITA900の部男子50歳クラス二位。優勝は予想通り岐阜のY田A氏だった。13点の大差を付けられていた。何とか今年は県会員も入賞出来たものの、今後全国各地で開催されると更に強者が参戦しその座も危ぶまれる。どうやら来年度は大阪府ア連も開催するようだ。
いつもの全日申請点を目指した真剣勝負とはまた違った楽しい大会として定着していけばと思う。
次は優勝するぞぉ。(その内強豪は60歳クラスへ行っちゃう。ウッシッシ。チャンスはこれからだ。)


2010年1月17日(日)
スポーツ指導員講習会第4日目

今日は、県記録会の日である。12月に引き続き当然出られない。ちゃんと運営出来ているのかが心配だが、うまくやってくれているだろうと思っとこ。
さて、本日の講義は、午前中京都市消防署員による「救急講習」で、訓練用の人形を使っての人工呼吸とAEDの使用方法について学んだ。最初AEDは心肺停止の状態に電気ショックを与え心臓を動かす機器と思っていたが、実際は痙攣状態の心臓を一度停止させる為の機器であるらしい。例えるならば、教室で生徒が騒いでいる状態では授業にならないので、一度黙らせて静かになった状態で授業に入る。ってな具合らしい。
まったく逆に思っていた。良い勉強になりました。そんな局長でも一応、この講習で普通救命講習修了証が頂けるようだ。(どうか皆さん間違っても私の前では倒れないでくださ〜い。)
午後は全国都道府県対抗女子駅伝で研修会場の近くを通過するらしく、それを少しでも観戦したいとの要望で、15分遅れて開始と粋な計らいをしてくれた。そのお陰で「熱中症とアンチドーピングと保険制度」の講義は休憩なし!引き続き「競技規則の遵守」の講義で今日の日程を終えた。さあ急いで帰って今日の記録会の集計をしなければ、何かと忙しい局長である。


2010年1月16日(土)
スポーツ指導員講習会第3日目

講習会も中盤となり、今日の講義は、午前中「アーチェリーのための体力トレーニング」である。アーチェリーに必要とされる筋肉の働きを学び、更にその筋肉を鍛える為のトレーニングを教わった。激しい運動ではないが、最近すっかりメタボも気になり、今更ながら体力の衰えを思い知らされた。久々のトレーニングはじんわり堪えたが、これを機に体力づくりに励まなければ!
午後からの講義は「安全指導」と「アーチェリーの心理」である。午前中に気力とも使い果たし、午後はお疲れムード。さぁ研修も終わり新京極まで食べ放題へ行くぞぅ。メタボやっちゅうねん。

※写真は、昨年から導入された22600系ACEの新型近鉄特急。中々遭遇する事は出来なかったが、漸くお目にかかる。車内の客室案内表示器も新幹線並に大きくなり見やすい。座席の前方足下にはコンセントも装備されていた。ただ、残念なのが1号車は喫煙車両でありながら別に喫煙室があり、そこまで行って吸わなければならないのが非常に不便。アーバンライナー・ネクストや新幹線N700系もそうで座席では吸わせてくれない。時代の流れかもしれないが、ヘビースモーカーになると座席にいる時間より喫煙室にいる時間の方が多いのでは?劇場の立ち見席ではないが、喫煙席ならぬ喫煙室一枚!で購入しなければ。


2010年1月7日(木)
アバター(ナヴィ族の弓)
昨年12月23日の封切り以来やっと観に行く事が出来た。SF的旧石器時代を感じさせる背景ではあったが、中々面白かった。詳しい内容は是非劇場で鑑賞して貰う事にして、元兵士のジェイクがパンドラのナヴィ族長の娘エイティリから弓のレッスンを受けるシーンがある。何故かサウスポーで教えていたが、押し手の肩は下げて、引き肘は背中へと言葉は当然通じないがちゃんと指導していた。取りかけは人差し指と中指の二本だけで、コンパウンドの様に手の甲が顔側になるアンカリングをしていた。矢は太く羽は二枚。やたらそれだけが印象に残っているのは根っからの弓好きの性だろう。
機会があれば一度観てちょうだい。って別に配給元の回し者ではございませんので。

2010年1月4日(月)
仕事始め
今日からまた通常勤務。まだ少し眠い。が気合いを入れ出勤。今日は昨日と違い、穏やかな良い天気。
絶好の練習日和やなぁ。と思いつつも まあ、しゃーない。
ぼちぼち焦らず、肩の完治を祈ろう。って今年はどこにも初詣に行ってな〜い。ご利益は?

2010年1月3日(日)
ステッカー
1月1日出勤のお陰で、正月の三が日は朝と夜が逆転してしまった。
例年は、正月早々練習をしていたが、今年はレポートのまとめや、時差のせいで体もすっきりせず。ようやく今日何とか練習場には行ったものの、強風で話にならない。早めに切り上げ、念願のステッカーでも作っちゃえと思い、7種類作っちゃいました。
ダイソーで光沢シールA4サイズ3枚入りを買って来て早速取りかかる。
印刷は何とか出来たが、カットの段階でうまく行かない。長方形にカットするのは至難の業。
で、楕円ならと思い、全体を楕円で囲んでみたが、曲線カットは更に難しい事が判明。
また、暇を見つけて完璧な?カットに挑戦しよう。

2010年1月1日(金)
迎春
新しい年の始まりです。今年は正月早々地元イベントの為出勤となった。奈良県では今年遷都1300年に当たり、県内で色々なイベントが開催される。その幕開けの一つとして今回「かぎろひを観る会」も加わった訳で。(こっちはえらい迷惑!)また、機会があれば我が町へお越し下さい。どんな所でどんな事をするのは下記のURLを。
で、一年がまた始まりました。今年は2月まで気の抜けない時期なので、落ち着くのは3月からだろう。
選手よりも役員が主要になりそうだが、しばらくは仕方ないか。
かぎろひにあやかり、これから昇り向きに行くよう頑張ろう!
今年もよろしくお願いします。
http://www.bell.jp/pancho/travel/ossaka/kagirohi-no-oka.htm
※結局今年も観られず。おまけに今回は雪!
「かぎろひ」幸運にも見えたらこんな感じ

2009年12月28日(月)
仕事納め
今週末は休みなしで出勤。振替代休は来年の講習会時にでも取ろう。年次休暇一日分でも助かる。今の職場は木曜日が休館日で、土、日曜日の連休はない。講習会など開催される土、日曜日はどちらか年休を取って参加しなければならない。
さて、今年も今日で仕事納め。仕事の方は相も変わらずであったが、それ以外は激動の半年だったなぁ。来年の総会以降ぼちぼち本格的に事務局長をしなければと一応腹は決めてはいたが、突然やって来るとは正に予想外!何とか多くの方々のお助けを頂き、今日まで無事務めさせて頂いております。お世話頂いた皆様へこの場を借りて厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。
また、来年もお世話ください。日記をご覧の頂いている方、良い年をお迎えください。

2009年12月24日(木)
スポーツ指導員共通科目T
本日、8月末にNKK学園から届いた「公認スポーツ指導員養成講座共通科目T」のテスト100問の結果が届いた。
恐る々開ける。最初35点が見えた。何?ヤバー!と良くよく見れば第1回目の点数。第2回目30点。第3回目33点。
合計98点で無事合格!第3回目の解答で2問間違っていた。(密かに100点満点を狙っていただけに、ちょっと残念・無念)悔しいので再度問題とテキストを見直す。自分の解答が正しいのでは?と、中々非を認めようとしない質の悪い性格であるが、この結果を素直に受け止め、柔軟に対応しなければ。
当初、結果発表は年明けと書いてあったので、年内中に届いたのはちょっと驚き。クリスマスイヴに届けるとはNKHも中々粋な計らい?をしてくれますな。
さて、年明け16日からまた現地研修が始まる。2月のW受験(指導員と1級審判員)に向け、「必勝」鉢巻して勉強だ!と普段あまり使っていない頭へ無理に詰め込んだら、脳みそが膨張して抜け毛の原因になるお年頃?(正に 脳み〜そバ〜ン!)

2009年12月23日(水)
インドア記録会
城陽サンアビへインドア記録会に入ってきた。本来競技会参加報告ですべきところだが、内容がショボ過ぎるので日記にした。それにデジカメも忘れてしまってたり。(タジバンダリはもうええねっちゅぅねん)
今年最後の記録会、今回はいつもより沢山参加されていたのか、三部(午後2時受付)に集中するはずのCP部門メンバーも分散されて一部(午前9時受付)に回されていたようだ。既に何人かは試合を終え帰るメンバーもいた。
で、試合内容は恥ずかしくて話すのも辛いが、前半271後半277計548とシルバーバッチャーに格下げ!
世の中そう甘くは無かった。やはり練習して、試合に出まくらないとダメだと言うことを痛感した。
年明け、次に出られるのは1月24日地元身障インドアと2月7日の記録会しかない。
練習もしなければ行けないが、講習会もあるやらで、時間が欲しい。早くレポート仕上げ練習にも精を出さなければ。
日生は遠いな。

2009年12月21日(月)
2000ヒット
ご覧頂いている皆様のお陰で2000を超えました。プロ野球なら名球会入りです。アーチェリー界も名弓会なるものは出来ないでしょうかね?例えばオリンピック出場経験者とか世界選手権出場経験者とか各部門の日本記録保持者とかがメンバーで、全国各地でアーチェリーの普及(弓)活動に一役をかう。てなのは?
ただ私が思い浮かべるメンバーはちょっと個性が強すぎて会としては統制出来ず多分まとまらないだろうなぁ。と思う。
正に迷宮会!(意味不明)
と話を元に戻して、ひとまず2000を通過しました。何も出ませんが、ありがとうございました。これからも心優しい方見守ってやってください。

2009年12月15日(火)
人間ドック
今日は年に一度の人間ドックに妻と二人で行ってきた。前日の夜9時以降は食べても飲んでもいけない。検診が済むまで当然禁煙しなければならない。早く検診を終わらせ喫煙したいので、いつも8時30分の予約にしている。
私の行きつけの所はたまに芸能人が来たり、テレビの取材もあったり(タジバンダリ)と有名な所らしい。ここの売りは全然病院臭くなく、ちょっとしたリゾート施設感覚で最新の検査機械で検診出来ることだろうか。お金持ちは泊まりコースで検診に来られる方もいる。恐らく5万円以上はしていたような。私は役所健康保険組合からの助成を受けての検診。それに家から車でわずか10分圏内で来られるのでわざわざ泊まる必要もない。日帰りコースで充分足りている。
さて、検査内容は身長、体重、メタボ、視力、聴力、採血、眼底、腹部CT、胸部、最後においしいバリュームを飲んでの胃検診でおしまい。あとオプションで大腸や脳ドックもあるが、余裕がないので未だ受けた事はない。一度脳ドックは受けてはみたいが、検査出来る脳みそが詰まっているかどうか?
検査結果は、データを外注の為、2〜3週間後なる。年々体力は弱って来るのは明らかで健康には注意しなければ。(だったら禁煙せい!)

2009年12月13日(日)
スポーツ指導員講習会第2日目
二日目の講習会は西京極にある京都アクアリーナで行われた。写真ではちょくちょく拝見していたが、実際射場内に入ったのは初めてである。
さて、今日の講義は「初心者の指導の実践」について、講師は兵庫県の某女子高等学校の先生でインターハイの優勝や何人ものトップアーチャーを育て上げた実績の持ち主。
午前中は、指導法の中のコーチングについての講義を受け、午後からは射場で実務指導となる。既に餌食となる?高校アーチェリー部員が練習を始めていた。
射法八節の要所ポイントを教わり、部員の打ち方を見る。
リカーブなんてものはここ数年ふれたこともない。体はすっかりコンパウンドしか対応出来ない。
一人でもコンパウンドアーチャーがいれば絶好の餌食になるのだが、西京極で活動しているコンパウンドアーチャーは昨日から多分岐阜インドアに行っているのだろう。
と羨ましながら、今はリカーブを指導する先生をじっと見学しておこう。
にしても、寒かった。
講習会は部屋のみと思っていがそうは甘くはなかった。
次回はアーチェリーのための体力トレーニングの実務で、運動しやすい服装での参加となる。
それまでに、今度のレポートは4つの課題について提出しなければならない。年末年始返上でレポートに取り組みます。
試合に行きたい。

2009年12月12日(土)
スポーツ指導員講習会第1日目

遂に講習会が始まった。来年2月14の最終日まで、延べ5日間京都通いの始まりだ。初日の会場となる同志社女子中学高等学校のある今出川へは9時位には到着しないといけないので、7時には家を出なければならない。試合と違い弓具はいらないので電車で通う事にした。
さて、今回は近畿2府4県から参加者名簿上は31名とはなっていたが、何人か欠席されていたようだ。大半は高校アーチェリー部の顧問の先生方であった。私を含めて未来の国体監督の資格を得る為、一度は必ずこの登竜門を通らなければならない。
で、本日第1日目の講習内容は、午前中「指導者の心得」、午後からは「指導法」についての講義を受けた。それぞれグループに分かれ、課題についてグループ協議→発表となるが、午前、午後ともにじゃんけんで負けてしまい2回発表するはめになってしまった。
それに午後の講義は次回のレポート課題となっているだけにしっかり聞いておかないといけない。がそのネタもとなる資料が課題とは少し違ったもので、さあ困った困ったこまどり姉妹!また洗いざらい資料をどこからか探さないと。あ〜先が思いやられる。


2009年12月9日(水)
スケジュール

いよいよ今週の土曜日からスポーツ指導員講習会が始まる。その講習会前に二つの課題のレポート提出があった。一つは「アーチェリーの歴史」、もう一つは「特性」についてそれぞれ初心者用にまとめなければならない。何とか仕上げ提出期日には間に合ったが、そのレポートの為、スケージュールの更新なんてすっかり忘れていた。12月に入って既に9日目になってようやく気付く。何とか3月までの予定を入れました。


2009年12月4日(金)
全関西理事会

例年理事会は12月と翌年の2月そして国体近畿ブロックの前夜と年間計3回開催される。いつもは京セラドーム内の大阪市体育協会の会議室だったが、今日は難波OCAT4階の研修室で行われた。難波だと最寄りの駅から乗り換えなしで特急だと45分位で着いてしまう。
さて、議案は来年の全関西の開催日と再来年度の主管府県を決める。来年度奈良県はフィールドの主管になるが、例年通りの8月末に開催するのはちょっと難しい。なんせ的を設置するにも、8月の浅古は草ぼうぼうと桜の葉っぱ満開でとても置ける状態ではない。それで11月に開催する事にしたが、その11月も3日はマスターズ、7日と11日は高校生の試合でダメ。結局21日の開催と決まった。出来れば的の撤収の事もあり全関西の前に県フィールド記録会をやりたかったが、どうやら23日か28日の開催で後になってしまった。その頃他府県ではインドアの試合が始まっているだろう。中々うまく日程が調整出来ない。まぁたまには、ゆっくり一日かけて2ユニット回っても良いかなぁ。年内中にまた考えよう。


2009年12月3日(木)
県体育協会ヒアリング

今日は休みにも関わらず県体協のヒアリングに行ってきた。理事長、強化部長、私の三人で今年の報告と来年度の国体に向けての抱負についての事情聴取の為の出頭である。例年国体関係はほとんどノータッチで任せっきりにしていたが、スポーツ指導員=国体監督及び事務局長と重なれば当然行かざるを得ない。職業柄予算関係のヒアリングや交渉は嫌いではないので、いつもの様に聞かれた事を的確に即座に答えれば良いと思うのだが、何を聞かれるか全く予想も出来ない。分からない事はベテランの理事長と強化部長に任せておこう。(横でにこやかに笑いながらうなずいとこう。)
まぁ早い話、県体協曰く、国体本戦に出場して、好成績を上げてこい!とのお達し。しかし、補助金も年々削られ、奈良県の事情を考えれば、少年層は高校アーチェリー部員に、成年層は県内出身の大学アーチェリー部員に頑張ってもらうしかないが、こちらとしては、県下高校にもっとアーチェリー部を作って、OBを教職員として採用して貰えれば一番の理想であるが、なかなか採用する教科とアーチェリー部出身がうまく合致しないのが現状である様だ。それと、財政厳しい折、将来は出来高払いではないが、好成績を出して活躍しないと補助金は貰えなくなるだろう。と予想する局長。


2009年11月28日(土)
一級審判員試験その1

昨日、全ア連より試験の日程等についてメールが届いた。いよいよ来るべき時がやって来たと言う感じである。平成17年3月二級を修得して以来待ちに待った5年である。開催日は平成22年2月20日(土)場所は都内某所。その一週間前の2月14日はスポーツ指導員の最終日に当たる。今年から来年の2月まではレポート提出の嵐のまっただ中。全関西インドアも諦め、レポートと格闘する事にしたくらいだ。
それと試験日には一級審判員についての小論文なるものも作成して持って行かなければならない様だ。小論文の作成と併せて競技規則2008〜2009年版を何度も読み返さなければ。(まぁ正直読んですんなり理解出来ない所もあるが。=私だけ?)昨年受験した人によると、解答となろう箇所を見つけるのに相当時間を費やしたと聞いている。そこで局長はハタッとひらめいた!競技規則にインデックスを付けようと。早速試みる。がしかし、小さい。あまりにも競技規則が小さすぎるのでインデックスの方が大きいではないかいな。2,000円の大きい方をやはり買っておくべきだった。と思うが来年また改正の為新しくなるので今回は小さいのでチャレンジする事しよう!一発合格。合格祈願もしとかないと。


2009年11月22日(日)
全国審判研修会第二日目

新幹線とホテルのセットで購入していたので、主催者の用意していたホテルには泊まらず、別のホテルで宿泊。第一ホテル両国で、近くには国技館と江戸東京博物館がある。この時期相撲は九州場所の為ここではやっていないし、博物館も既に閉館時間の為残念ながらどちらも外観しか見ることが出来なかった。また機会があれば来る事にしよう。18階の部屋の窓からは多分第二東京タワーと思われる建造物も見えた。
さて、二日目の研修は、各所属団体からの競技上での問題事例や質問が出され、その後国体の審判配置について簡素化して行く方向への提案が出された。現在決勝トーナメントでの審判は三人で行われているが、主任審判員を減らし二人にしてはどうかとの事である。実際FITAではその任務を一人で実践しているらしいが、なかなか国内ではそこまで行くにはまだまだ難しいようで、取りあえずは二人で実施する方向のようだが、今のところ最終の決定は開催地の判断に任すとの事。まあいずれ将来はそうなって行くだろう。色々役員の貼り付けや審判の養成にしても事務局側とすればちょっとは助かるかもしれない。
最後に来年の競技規則の改正にあたり意見を反映しながら分かりやすいルールブックにしていきたいとの事で、二日間の研修は無事終了した。
船橋からまた東京へ戻り、東京発14時33分のひかり517号に乗り帰る。
曇り空にも関わらず、富士山が見えたのは非常に珍しい。 
※ちょっと鉄道マニアックな局長はひかりでも700系をチョイスして乗る。それにセットで購入する場合片道1,000円プラスでグリーン車に変更出来るのです。


2009年11月21日(土)
全国審判研修会第一日目

京都発9時29分発ひかり510号で一路東京へ。先週とはうって変わり良い天気に恵まれた。珍しく富士山もご覧の通り。

今日は余裕を持って千葉船橋へ到着。どうやら来年国体が開催される所が研修開催地に当たるらしい。
さて、今日と明日の二日間の内容は来年また改正されると思われるルールの概要説明であった。しかしまだFITAからの正式な通達が届かないのとそれから更に翻訳に取りかかるので早くとも来年の10月からの実施になるらしい。で何がどう変わるの?それは全ア連から通達が来てからのお楽しみ。と言いたいところだがさわりだけでも、70ラウンドの競技内容が大きく変わり新たな採点方法でトーナメントが行われるようだ。特にコンパウンドは70mから50mで実施されるらしい。今のところはこの程度で正式発表になるのはまだ先だろう。前回の改正の時もそうでフィールドの採点方法がXを6点換算への実施が実際10月からとなった。
その時も、1ユニットの点数が180点満点から216点満点へと変わる事は分かっているのに、スターバッチの各基準点数が決定されたのは11月中旬になった。(早くから打診しており、6点分を引いて従来通りの申請への要望もしていたが。)結果基準となる点数が大幅引き上げられた訳で、ターゲットバッチの様に、レッド、ホワイト、パープルと増やして欲しかったなぁ。と思う。

まあ今回の改正で直接影響するのは、社会人ターゲット選手権、インターハイ、国体、ターゲット選手権だけで、各都道府県でのシングル記録会には全く影響がないので一安心。

明日もまた研修でしっかり勉強しよう。

2009年11月18日(水)
スポーツ指導員実務講習会

昨日、京都府ア連より実務講習会の日程が届いた。一通り資料を見る。やはり、当初の予定通り、12月は12日〜13日、1月は16日〜17日、そして最終の2月は14日と開催される。変更になっていたのは場所だけで、日程の変更までは無かった。これで確実に12月と1月の県インドア記録会には出られない。記録会の運営を他の理事に任せるしかない。まあたまには事務局不在で運営して貰うのも良い勉強になるだろう。
さて、この講習に与えられる時間は、現地30時間、レポート10時間、計40時間と内容はびっしり!最終日には検定試験もあるようだ。初回のレポートは講習前に提出し、後のレポートは次の講習までに提出しなければならない。当然未提出の時は認定されないのは当たり前(田のクラッカー)。古!
約三ヶ月の長い道のりである。それに2月には1級審判員の試験も待っている。あ〜。勉強嫌い!


2009年11月14日(土)
全国事務局長会議

伊丹発10時ANA020便で一路羽田へ向かう予定が、気象の悪化と恐らくオバマ大統領来日と重なり、滑走路が一本しか使用してないとの事で、1時間30分も到着が遅れた。結局昼飯も食べず、会場へ13時40分にようやく着く。

既に、先日の報告がされていて、その後、亡くなられた高校生に対して黙祷を捧げる。

本当に残念な事です。本来楽しいはずのアーチェリーが使い道を誤ると殺人兵器にもなる。

そんな事は当然みんなは知っているし、理性がちゃんとコントロールしているはずなのに。

緊急の臨時総会は安全対策に万全を期するという事で、年内中に安全講習会を各加盟団体で実施・報告する事を出席者全員の賛成により可決された。時期的に急を要するので、次のインドア記録会で実施する事にしなければ。それと高体連の専門部の代表も招集されていたようで、その会議の後、事務局長会議が行われた。
内容は公益法人への移行説明と事前に各都道府県事務局から出されていた質問への回答である。

今回の要望は、@インドア世界選考会における記録選考対象期間の延長を要望してみた。

一年間の記録選考対象期間ではなく前回の選考会締切期間から今回の締切期間まで二年間の猶予に延長して欲しいと要望していた。そうすることで対象となる競技会は増え、選考会に申請する選手も増えるのではないかと思う。皆さんはどう思われるでしょう。

結果は、現行どおり一年間の期間しか認められないとの回答だった。(残念)

他にも二、三個要望は出しておいたが、それについては前向きに検討するとの回答を得た。
中々、こちらの要望は全て通る訳ではないが、全ア連と各都道府県事務局がお互い協力しながら更に良い関係が出来ればと思う。

会議も無事終わり、そのまま羽田に戻る。予想通り朝からの遅れがまだ尾を引いていた。予定の便より一便早めに変更する事が出来たので、少しだけ早く伊丹に到着する。
兎に角焦った一日だった。来週の審判研修は泊まりなので比較的楽だろう。新幹線定刻通り走ってや!


2009年11月11日(水)
一足お先に

11月15日関市で開催される岐阜県インドア記録会に参加する為、一足お先に弓具類、衣類等をちゃぶ台師匠に預かって貰う事にした。午後6時、帰社途中の際最寄りのPAで落ち合う。実は一緒に関市へ行く事になった。と言うか一緒に行って貰うの方が正しい言い方かも。当初の予定では14日は事務局長会議(急遽臨時総会も入り。)に出席し、翌日京都フィールドに行く為、今回は飛行機で日帰りする事にしていた。それと恐らく武儀で開催される時の様に参加者が多いので出られないのでは?と思ったり、それに一度帰宅してから関市まで走る元気は到底ない。もし行くと決めていけば、奈良から岐阜羽島まで車で行き、その日泊まるホテルに駐車させて貰い、そこから新幹線で往復する方法を以前は取っていたのでそうしただろう。
そんな予定を覆す美濃クラブのHさんから一通のメール。関市ア協のH社長から是非とも参加をして欲しいとの伝言メールであった。頼まれれば嫌と言えない局長は即OKの返事。にしても、どうやって関まで行こうかと思案する。県内会員へお誘いメールをするが誰も行かない。そうだダメ元であの人にもメールしてみよう!西は佐賀、東は栃木と全国武者修行の旅に行ってはる「ちゃぶ台師匠」なら関までは朝飯前だろう。が果たして試合に出てくれるかどうか?そんな心配はよそに一緒に行ってくれる事になりました。伊丹まで大荷物を下げての大移動は辛いので、事前に預かって頂くことになった訳であります。ありがとう!ちゃぶ台師匠、お世話かけまくります。


2009年11月8日(日)
名張市民大会

本日は名張市民アーチェリー大会に参戦してきた。岐阜県フィールド、京都マスターズ、吹田市長杯、岸和田秋季を振りきっての参加。やはり宇陀市民を代表して、自称名張市親善友好?大使としては行かざるを得ないだろう。と言いながらも参加するのは2年ぶりになるかな?丁度肩を痛めかけた頃だったと思う。
広い野球場の敷地を貸し切っての開催。でも何故か30m以上の種目はしない。もったいない気もするが、それもまた良いか。何せアットホームな大会で、ざっくばらんで、和気藹々で、おおらかで、これもまた楽しい。
ここ最近フィールド競技=ライトスピードしか打っていないので、ハーフ競技までならはこの矢で参加出来る!(既にケース内にはインドア用の2312コバルトが装着されているが。)本年最終のアウトドア競技になる。
結果は1回目345点2回目339点計684点で一応優勝!豪華賞品?もゲットし楽しく一日すごさせていただきました。名張の皆様ありがとうございました。今度は真剣勝負の奈良へ来てね。
A.何で、競技会報告に載せないの?Q.競技会報告は公認の試合を載せてます。ご理解ください。(クレーム処理かよ!)


2009年11月5日(木)
沈まぬ太陽

先週の木曜日はフィールドの準備に追われ行けなかったが、今日やっと行く事が出来た。三時間半の超大作!途中10分間の休憩もあり、これまで上映途中に休憩に入る映画は経験した事がない。木曜日のメンズディにも関わらず、ご年配の女性の方も多く入っていた。山崎豊子フアンなのか、渡辺謙のフアンなのかは分からないが、いつもより沢山来ていた。兎に角、山崎豊子氏の作品は実社会における表と裏をそのまま描く。白い巨塔にしても華麗なる一族にしてもしかり。(eo光の兄ちゃんを見ると未だ財前五郎としか思えない。)
映画の最後にはいつものノンフェクションの案内文字が出てたが、まさに1985年 8月 12日に起こった日航機123便 墜落事故そのものである。あれから24年経過して今になってようやく映像化されたようだが。実際事故に遭われた遺族の方の心中を想うとあの悪夢が再び蘇るのではないだろうか。堪らない心境ではと思う。クライマーズハイもしかり。なぜこの時期に?日航の破綻に関係するのでしょうか?
ところで、事故と言えば、昨日関東で再びアーチェリーによる人身事故があったようだ。
今回もみけんに矢が刺さったらしく、被害者は意識不明の重体とニュースに出ていた。
にしても、なんでやねん。ほんま頼むで。
シューティングに全神経を集中させるだけではなく、全ての行動において安全への意識の集中力をもっともっと高めないと事故は防げないと思う。
アーチェリーを愛する全ての人がそうあって欲しいと願う。自分自身も身をもって行動しよう!


2009年11月3日(火)
奈良マスターズ

奈良県初、自分自身も初体験となるFITA900に参加した。
新鮮みがあり、凄くおもしろかった。非常に楽しかった。
1日のフィールドでも、割と50m〜60mだけは中ってたので、ひょっとすると案外中るかも?中ってくれ(よんしんちゃん)!
引き戻しと腰の調子もあり、最悪の場合、審判かなあとも考えていたが、折角のチャンスを逃すとこの手の試合はそうあるものでもないし、はやり出ない訳にはいかない。出てまえ!
と言う訳で、90射打っちゃいました。
結果60m277点、50m294点、40m293点、計864点 見事50歳の部優勝。(おめでとう。パチパチパチ、パンチ)
60m以外はマイナス一桁だったので、今後の課題は60m!って。既にFITA900も試合の視野にいれているではないか。よっしこうなったら来年はつま恋へ殴り込みだ!
打倒、Y田A氏。(因みに今年のつま恋でのY田氏の点は877点だったようだ。)

右上写真のカイロは、60mでは60金賞として、50mと40mは30金賞として毎回出すごとに1個進呈。お一人様何個でも取り放題。但し、限定60個なので早い者勝ち。60mでは誰もゲットなし。50mからはさすが皆さんぼちぼち持っていきはりました。

来年は、早い時期から計画してもっと沢山の方に参加して貰えるようにしなければればと思う局長でした。
もちろん、若い方も将来の為、今からFITA900に挑戦してください。
ご参加頂いた24名ありがとうございました。
今日の合い言葉は、「来年も会いましょう!」でした。

何と言って良いものか。
う〜ん。深いい。

※本大会最高得点 計870点
しかも60代のお二人が1位と2位同点という恐るべし60代!
頑張れ50代。


2009年11月1日(日)
奈良県フィールド最終話

朝起きて、日課のスモーキングタイム(家の中では吸わせて貰えない。シュン)。空を見上げると実に良い天気。これは一日持つのではと、喜び勇み足で浅古へ向かう。7時には到着し、受付の準備に取りかかる。大会本部席用に長机を出したり、屋外集計センターの設置など準備に追われる。暫くして、スタッフがやってくる。各ポストのブルーシートを引き上げで貰い準備万端。だがこのシートの引き上げが判断ミスとなる。いつもは常設4ポスト以外の的は、競技終了後撤収するので、シートがあるかないかを基準に作業に取りかかって貰っていた。結局昼からの大雨で撤収出来ず、再びシートをかける事になってしまった。どうもすみません。
月曜日は晴れてもらい。3日のマスターズ終了後、撤収作業を手伝ってもらおう。マスターズ参加の皆様ご協力を!
そんな時に限って「年寄りを使うな」って怒られそう。皆さんまだまだお若いですよ。


2009年10月31日(土)
奈良県フィールド準備その2

今日は、最終の仕上げ。共催府から我がPCの師匠とその仲間も応援に来てくれた。(CPは局長が師匠で、PCはちゃぶ台師匠と、時々立場が逆転する。実に面白い。まあ二人しか分からないことだが。)
ところが、本日局長は、29日の準備の時に腰を痛めてしまった。口だけしか働けない。大変申し訳ないが、なんせ屈む事も容易ではない。昨夜知人の鍼灸院で針を打ってもらいに行ったので、大分良くはなった。「安静にするように」とは言われたが、安静にはしてられない。(鍼灸院についてはまた機会があれば紹介しよう。とその前に紹介料の交渉をしなければ。と せこい考え。)
各コースの表示、練習場会場の設営、的張り、コース道の整備など皆さんの協力により無事終了。
どうもご苦労様でした。明日は良い天気に恵まれ、高得点が出ますように。


2009年10月29日(木)
奈良県フィールド準備その1

いよいよ3日後に迫った奈良県フィールドに向けてコースの設営に取りかかる。昨年からは心強い助っ人も加わり二人で準備している。今年も代休を取って手伝ってくれた。なんせ一昨年までは、一人のため、休みの合間合間でしか出来ないのでどうしても数週間がかりになってしまう。
春と秋とではコース周りも逆にして、どこに何メートルの的を設置しようかと色々考える。この瞬間が一番おもしろい!
巷では「奈良のコースは簡単」との評判?であるが、これもひとえに設置者の人柄の表れだろう。難しいコースは幾らでも考えられるが、逆に自分の首を絞める事になってしまうので冒険は極力避けたい。と思って設営するがなかなか高得点は出ないんだな、これが。
それとどういう訳か毎年悪天候になってしまう。今年も週間予報では傘マークが出ていた。良い天気になり、風もなく暖かくなる事を祈ろう。
来年は、全関西フィールドの開催県に当たる。ちょっと気合いを入れ超〜難しいコースにするぞぉ!へっへっへ。


2009年10月26日(月)
全日本ターゲット選手権

本年のピックタイトルである、第51回全日本ターゲットアーチェリー選手権大会も無事終わったようだ。現地には直接観戦には行けなかったが、知り合いが観戦に行くと土曜日の夜メールが入った。予選の結果も入ってこなかったのでどうなっているのか全く分からない。兎に角観戦の情報を流しいもらう事にした。
翌日、女子CP決勝が始まると言うメール。暫くして結果のメールが届いた。どうやら社会人フィールドに続き、またもや優勝したらしい。勢いはあったので、そのまま優勝するのではと予想はしていたが、本当に優勝するとは。凄い人です。
昼休み全ア連のホームページに結果がアップされていたのでまじまじ見る。予選ラウンドの2位と3位が同点。またもやシュートオフ!9点、10点、10点で決勝ラウンドへ。フィールドの時もシュートオフの末、決勝へ進んだので、全くその時と似ている。
どうやら勝利の女神はすんなり決勝ラウンドへ行かせてくれないようだ。
にしても、連続二冠とはお見それしました。
おめでとうございます。
来年こそは、情報を待つのではなく、現地で一緒のシューティングラインに立ちたいなあ。とつくづく思う局長でした。
アジア大会にコンパウンド部門も入れたって!


2009年10月20日(火)
第1回マスターズ奈良大会

第1回マスターズ全国通信アーチェリー大会に参加しようと、急遽思いつきでマスターズ大会を開催することにした。
京都府は11月8日(日)に開催するようだが、同じ日には出来ないし、既に他の試合も入っているため、予定が詰まっている。それに、県の主催とするならば、理事会の承認も得なくてはならないので期間的に無理がある。そこで局長は考えた。今回、我が宇陀市アーチェリークラブの主催で実施しようと。
開催日は11月3日(火)文化の日。
競技内容は、FITA900で、60m、50m、40mの距離を122Cmの的を使いそれぞれ各30射×3距離=90射を2分3射打ちするようだ。
奈良県では初めての試合となるので、どうなるか非常に楽しみだ。
しかし、問題なのは急な試合の為、果たして何人参加してくれるのだろう?兎に角知り合いにメールしまくろう!


2009年10月19日(月)
平成22年度予算

政権が変わり、国も次年度の予算取りが始まった。我が職場も教育委員会に属するため、本日教育長と参事による予算ヒアリングが行われた。それから更に財政課、市長ヒアリングを経て次年度の予算が出来上がり、最終市議会の承認を得て、来年度の予算が確定するという流れになる。まあこんな話はあまり皆様方には興味がないと思うが、早い話、どこかのCMではないが、正に収支のバランスである。
さて、仕事上の予算はおいといて、県ア連の予算も本年度の見込みと来年度の予定を見据えなければならない。今年は予想もしない出来事があった。それまで脚や畳の運搬などで大変お世話頂いた前局長の会社のトラックが借りられなくなり、その為運搬車両を確保しなければならなくなった。当面の間は会員の軽四を借りるなどの手段で対応を検討しているが、そういつまでも出来るものではないだろう。レンタカーを手配するか射場近くの運送屋さんに頼むか、いずれにしても出費が生じる。その資金を捻出するために、一番の収入源である競技会参加費を年度途中で値上げする訳には絶対いかない。
来月のフィールドが終わると、いよいよインドアシーズンに入る。12月〜2月までの計4回、射場から体育館への輸送が始まる。改めて、前局長のありがたさがしみじみと身にしみる。
冗談半分本気半分、参加者の皆様マイ畳をご持参くださ〜い。


2009年10月13日(火)
日記の復活

師匠のお陰で日記も無事復活した。
流石師匠。夜遅くまでご苦労をお掛けしました。本当にありがとうございました。
前のプロバイザーでは既に容量がパンク寸前という事で、本日、新たにプロパイザーを変更しました。
容量もぐーんとアップして、思う存分写真が添付できる!かも?
こうご期待。

2009年10月9日(金)
過去の日記

過去の日記の調子が悪い。
リンクするはずのものが全く反応しない。
素人の局長はお手上げ状態!
こう言う時にはやはり師匠に頼るしかない。
またちゃぶ台をひっくり返すレッスンをうける事にしよう。
師匠ヘルプ!
皆様、過去の日記が復活するまでしばらくお待ちください。
えっ誰も見てないってか。

2009年10月8日(木)
台風無事通過

色々な被害をもたらした台風18号も、何とか紀伊半島を通過していった。
午前9時に警報が解除されて、我々も無事任務完了。
お疲れ様。
浅古射場の屋根も大丈夫だろうか?点検に行かなければ。

2009年10月7日(水)
台風接近

本日、台風18号の影響で、警報が発令されたため我々役所人間(一応管理職)は職場で待機するよう命令が下された。
災害時に備えて、私の勤務先は緊急避難所に指定されている。
(避難所と言ってもここで避難するよりかえって家の方が安全かも?どんなところや!)

警報が解除されるまで時間になるか分からないが、睡魔と闘いながら、緊急事態に備えなければならない。土砂崩れ、水害等々いつ何時起こるかもしれない。
無事通過することを祈ろう。

2009年10月5日(月)
奈良県選手権無事終了!
 前日の天気が嘘の様に(嘘やがな〜。大生しまっせ!)、絶好の秋晴れとなった。それほど気になる風も無く、また高得点が出るやもと、新記録の申請用紙を密かに用意していた。新記録が出た場合、実施府県が申請しなければならないシステムとなっている。

 申請書は、新記録が樹立された種目毎に1枚あて提出すること。添付書類として@スコアカード(コピー可)A競技会プログラムB競技会成績一覧表を必ず提出すること。それと、氏名、登録番号が必要となる。あと、奈良県から申請する場合は別に、生年月日、通帳・印鑑、クレジットカード、住民票、登記簿謄本、実印と印鑑証明がいるので、奈良県の試合で、新記録を出しそうな方は、いつもボウケースに入れてお越しください。くれぐれもお忘れ無く。
 新記録一つで、局長は家を建て、新車も購入。新記録は局長を救う!ありがとうございま〜す。
 て、あほなこと言うとらんと、途中携帯プリンターの故障で一瞬焦ったものの、浅古集計センター(プレハブやちゅうねん。)内に備えてある大型プリンターのお陰で表彰状も印刷出来、例のワールドカップグッズも入賞者へ。無事終了し良かった。良かった。入賞された皆様おめでとうございます。入賞されなかった皆様は次回頑張ってください。新記録待ってま〜す。

2009年10月2日(金)
局長ホームページご来場500名突破!
 知らず知らずの間に500名以上の方がご来場してくださっていた。ありがたいことです。
 現在、二カ所でリンク頂いているので、そちらからのアクセスからだと思う。『矢っホ〜イッ!JAPAN』にまで出す勇気はまだまだないので、当面はこの状態でまぁええか!
 ご覧頂いている心優しい方々ありがとうございます。
2009年9月30日(水)
明日から10月です。
 国体も無事終わり、成年男子は大阪、成年女子は兵庫がそれぞれ優勝されました。おめでとうございます。
 全国に関西パワーを見せつけましたね。今回直接現場で観戦することは叶わなかったが、はやり現場で観戦するか直接対決をと願う。もしも、新潟で優勝して勝利監督インタビューなるものを受けたら第一声はやはりあの方の「ま〜しょの!」(ガラガラ声で)しかないでしょう。
 来年の千葉国体は成年男子の監督は付かないので、再来年の山口国体で「おいでませ!」を言おう。っと。
 安部全ア連会長のお膝元でもあるが、安部会長の物まねは難しいから出来ない。
  多分予想では、我が奈良県選手団は監督の付かない年に限って本戦に出るんだな。これが、困ったもんだわ。
 ところで、我ら関西CP界も頑張ってはります。特に女性軍は凄い!社会人フィールドで女子の部門で予選から決勝と完全優勝したり。その勢いでターゲットも取るのでは!と密かに応援してます。がんばれ!
 私も、一度で良いから日本タイトルが欲し〜い!そして、嘘でも良いから世界選手権という大会に出たい!
諦めず、願いは必ず叶うものと信じて。 肩さえ治れば凄いねんけどな。(ほんまかいな)
2009年9月29日(火)
10月奈良県選手権参加賞その3 完結編
 あの景賞品の請求書がとうとうやって来た。(9月15日参照)
 9月7日注文分 参加賞(送料含む)181.00ユーロ×136.013円=23,618円
 (参加賞だけ一日早く注文していた。実はまだその時点では入賞分を何にしようか迷っていたのです。)
 9月8日注文分 入賞用(送料含む) 94.50ユーロ×136.562円=12,905円
 税関その他700円を納めて、総計38,223円也となりました。
 一日違うだけでも、0.549円の差!為替はめまぐるしく変化する。
 購入する前の数日間、「ヤホー」で為替レートを調べているのだが(ヤフーやがな)、明日はもうちょっと下がるかも?なんて欲を出せばまた上がってきたり、運に任せるしかないのだろう。
 10月10日引き落としまでに、お金ちょうだいね。
2009年9月24日(木)
Panasonic OPEN予選第1日目
ネタをも求め西へ東へと、今日は京都城陽カントリー倶楽部で開催されている、Panasonic OPENへ行って来ました。平日と言うのにまたなぜ?局長の職場の公休日は木曜日なのです。(その代わり土、日曜日どちらか勤務しなければならない。)いつもの木曜日の過ごし方は、練習か、はたまた映画に出かけるか。(木曜日はメンズディーですべて1,000円で観られるので、大体の話題作はクリアー。)そんな利点しかないが、やはり土、日曜日休みたい。で、本題へ、久々のゴルフトーナメントの観戦。今や時の人『石川遼』くんを一度見ておかなければ。なかなか関西圏ではお目にかかれない人物なので是非このチャンスにと出かけちゃいました。
にしても平日と言うのにえらい人々。おっちゃん(お前もや!)、おばちゃん、遼くんの行くところ行くところギャラリーの大移動。
遼くんのスタートは10番ティー11:55から、同じ組には丸ちゃんこと丸山茂樹選手もいたり、予選での超目玉組。主催者側の意図でしょうかね。その一つ前の組には片山晋呉選手もいました。
ゴルフを観戦する時、いつもフィールドアーチェリーとダブらせて観ている。長距離、中距離、短距離をそれぞれプロはどう攻めて行くのかを色々自分勝手に想像して楽しんではいるのですが、まあコースを回ると言うことしか共通点はないですがね。
 ゴルフの場合、ご存じな方は別にして、予選ラウンドでは、IN・OUT各9ホールを午前と午後の組に振り分けしており、第1組目のスタートが午前7時。あと9分刻みで順番に11組を同じティーグラウンドからスタートさせて行きます。午後からも同様、違う組が11:10にスタートし、予選第1日目と第2日目を午前・午後と入れ替えるようです。今回の出場人数は総計44組×3人=132名で予選が行われていました。
フィールドも午前・午後に割り振りNo,1とNo,13からコースイン出来ないものでしょうかね?少なくとも選手誘導はしなくても済みますし。(おい、おい。)
それと、競技中に選手からジャッジコールがあると競技役員がすぐ無線で連絡し、お偉い審判長?が現場へ即カートで駆けつけてジャッジしてました。(写真下から二番目が、カートロードにボールが入り、打てるかどうかの判定をしているところです。判定は打てる位置にあったようです。)
そして一番下の写真がその競技役員のカートです。
いいな!羨まし〜い

遼くん頑張れ!
2009年9月22日(火)
社会人フィールド第2日目
いよいよ最終日。
例のごとく、昨日の的の点検に回る。また、また、また、たま(もうええねちゅうねん。)頂上までの登山。
傷んだ的を張り替え、いよいよ予選ラウンドへ。
今日は、男女コンパウンドと男子ベアボウのグループがご来場。割と顔見知りの方々ばかりなので、予想通りのお言葉。「今日は出場しなかったの?」「今回は審判です。」「肩はまだ調子悪いの?」(よくご存じで。)「まだ完治してないですね。この機会に一級審判員実務研修にしました。」ってな具合で何度同じ事を言ったか忘れちゃいました。
昨日の組が終わるまで約3時間20分位掛かっていたのが、流石コンパの皆さん早い!早い!2時間は掛かっていなかったような。
で、無事午前中も終わり、昼を挟んでいよいよ決勝ラウンドへ。
今回私の担当はベアボウ男子。(殆どの方は存じ上げていません。ごめんなさい。)それに、得点のコールは審判員の役目。人の矢なんぞ読み上げるなんて事は滅多にない。まして決勝戦、間違うことは絶対に許されない。兎にも角にも四人の矢のヴェインとノックの色と選手の名前のカンニングペーパーを作らなければならない。成績発表後すぐ取りかかるが、何と四位にお三方いらっしゃり、シュートオフ。早よ決めて!
でいよいよ決勝ラウンドへ選手四人と得点掲示係とギャラリーを引き連れコースイン。さながら財前教授の総回診。
無事、決勝ラウンド任務完了。一応私のお役目はこれでおしまい。めでたし、めでたし。
コンパの決勝でも見よっと。
右側写真は女子CPの最終3ポストまでの点数。
予選トップ通過のI藤F子嬢が、順調に点を伸ばしていた。最終ポスト60mをじっくり拝見。一度引き戻して、再度狙いを決め、6、6、6=18点パーフェクト! 
初タイトルおめでとうございます。
選手の皆さんお疲れ様、そして役員さんもっとお疲れ様でした。
来年の筆記試験目指して、勉強・勉強。
それと、やっぱり選手で出よう。っと。
2009年9月21日(月)
社会人フィールド第1日目
今日は大会第一日目。
午前9時に集合。30分前には到着する。
まず最初の仕事は的の交換作業。各審判の割り当てられたポストにそれぞれ新しい的を持って入山。今日・明日と私はNo,18と19を担当。ほぼ山の頂上。最悪!てな事は言っては駄目。
一度目の頂上登山を終え、10時から受付=弓具検査。今回は受ける立場から、検査する立場へと、約50名の選手分、しかも三部門それぞれをチェック。無事検査も終え、開会式のあと午後1時にコースイン。まもなくスタート。
息が荒い。ゼイゼイ。
 今日の山コースインは、男女リカーブと女子ベアボウ。
 何人かに、「今日は出場しないんですか?」「今日は審判です。」「ご苦労様です。」と労いのお声をかけていただきました。明日は、コンパウンドの方々が回って来ます。
今日の倍の回答はしなくてはと心配しながら予選初日の審判は無事終了!
 明日は7時30分には会場に入らなければならない。
明日に備えて早く寝よう。
2009年9月20日(日)
10時だよ!全員集合。
 いよいよ明日に迫った第30回全日本社会人フィールドアーチェリー選手権を前に、役員は本日10時に召集をかけられていた。
 全ア連競技部、地元京都府連、近畿圏内から総勢20名が集まった。まずは、全体的な打ち合わせの後、大会2日間のそれぞれの役割分担を言い渡される。皆さんも既にご承知のとおり、今回私は他の役員とちょっと違う。
 1級審判員実務研修付きであるため、立場が非常に弱い?何でも謙虚に受け答えし、迅速に対応なければならない。万が一逆らう(意見でもすれば)なら即刻研修不合格であろう。と心配しながらも、この性格は変らないのでマイペースで行くことにしよう。
 で、それぞれ役割を与えられコースイン。私はまずNo,1から試し打ち。っなことできますかいな。
 上の写真の様に的に反射板を当て、レーザービームで正しく計測。
 全24ポストを無事測り終え、午後4時には全作業を終了。宿舎へ戻る。他の役員さんは近くの宿へ。
 私はというと、やはり局長クラスともなると、市内の超〜高級ホテルに泊まらなければ。
 夜は夜で先斗町で舞妓はんを呼んで飲めや歌えやのドンチャン騒ぎ!とは大違い。少ない経費を少しでも節約するよう、近くのマクドで済ませましたとさ。
 明日から選手の皆さん頑張って!おくれやす。
2009年9月17日(木)
いつの間にやら200人
最近、徐々にではあるが、局長ホームページを世間様にさらけ出しつつある。
心優しい方ばかりを厳選して、押し売りしている。
しかし、まだ奈良県メンバーには未だ誰にも教えていない。=日常茶飯事?顔会わすので、やはり照れくさいのかな?いや、そんなに心優しい人はいないのかも?
兎にも角にも200人様、ご訪問ありがとうございました。これからもよろしく。
コメント出来ない。ってご意見がございましたが、このプロバイはブログ設定が出来ないので、別のブログ用に日記を変身させなければならないようです。また、その内実力がつけばチャレンジしてみます。その時はビシバシ突っ込んでやって下さい。
2009年9月16日(水)
ミニミニパソコン
自宅で使用しているノートパソコンLenovo ThinkPadSL500(県ア連備品)は15.4インチと大きい目で、あっちこっちうろつく局長にはちょっと持ちづらい。そこで一大決心。持ち運び用として遂に自腹でミニパソコンを買ってしまった。
 今回も同じメーカーでIdeaPad S10e。
にしても小さい。My KENTと比較してもらと実によく分かる。
 これなら、全国あっちこっち持ち歩ける。
現地のネタもすぐアップ出来る。と思う。
ミニノートパソコンを抱えながら、全国津々浦々。
と言いたいとろだが、肝心の肩が治らない限り、嘗ては年間54試合の出まくっていた頃のようにはいかない。
 が、焦らずまったりまったり参ろうか。
来週の社会人フィールドの審判ネタ(ちょっと不謹慎?)と、再来週の岐阜秋季フィールド参戦のネタくらいかな?
 今シーズンは、シングルは諦め、フィールドに専念することにして、来年春の全日フィールドアーチェリー選手権大会in広島佐伯と秋の全日社会人フィールド選手権大会in北海道北広島を目指して頑張りましょう。
 にしても字も小さいな。
ちょっと老眼を気にする局長でした。
2009年9月15日(火)
10月奈良県選手権参加賞その2
 9月8日の日記を覚えていますか?
誰も見ていないよ。さよか。
 『案ずるより産むが易し』と言うが如し、本日無事スイスロザンヌ?より、10月奈良県選手権の賞品が届いた。
 見て見て、ワールドカップグッズのオンパレード。
 注文してから到着まで約一週間。なかなか早い。
さて、さて、中身を言いますと、この日記を見ている方だけにそっと教えちゃいます。
 真ん中のキャップが優勝
 一番下のピンパッチが準優勝
 その上左側アップリケが三位
 その右側のステッカーは四位〜六位
そして、左側のボールペンが参加賞(参加者全員に上げちゃいます。)
 さあ、定員枠内で皆さんご参加くださいな。豪華賞品が待ってま〜す。
 後はレートの問題。幾らカード会社か請求くるでしょう。恐怖。
 その結果はまた奈良県選手権参加賞その3で紹介することにしましょう。お楽しみに。
誰もみてないって。
2009年9月13日(日)
9月記録会
 昨日の雨とはうって変わって今日は秋晴れの良い天気となった。
 これも、常日頃良い行いをしている私のお陰?
 全日本選手権大会申請の為の最終記録会となって、県内外より沢山ご参加頂きした みなさんありがとうございす。
 射場の敷地の関係上68人=17的以上の設置となると非常に辛い。県記録会の為、やはり県会員を優先しなければならないので、他府県の選手は保留受理として、参加の返事を待ってもらっている。
今回は、何とか断らずに全員参加してもらえて一安心。締切日まで、気の許せない日々が続く。
さて、参加者の顔ぶれを見ると、相当たるメンバーの集まり。全日本チャンピオンを始め、全関西秋季大会CP優勝者の男女お二人や、また来週京都で行われる社会人フィールドへ出場されるメンバーなどなど多彩な顔ぶれであった。奈良のど田舎まで、よくぞお越しくださいました。
 詳しい記録は奈良県アーチェリー連盟ホームページを見て頂くことにして、今回、新しく導入した(そんな大層な)トランシーバーを使い、選手が毎エンド得点記入してもらっている場所から、得点集計センター(射場入り口のプレハブ倉庫の事ですが。)まで無線により、各距離の合計を知らせてもらうことにした。いつもは、別の集計表に再度書き写し、また集計センター(プレハブやっちゅうねん。)まで行っては毎回×4回パソコンに入力していた。
その作業を一挙に解決したと言う訳である。まさに省エネ・エコ集計と言わずとして何と言おう。
と言いたい所だが、途中無線が途絶えたり、聞き取りにくいやらで、結局集計表ボードを引き上げ直接入力。
まあ、最初からうまくはいかない、懲りずにまたチャレンジすることにしよう。
2009年9月8日(火)
早くも10月奈良県選手権賞品その1
 まだ、9月記録会も終わってもないのに、10月の奈良県選手権の賞品準備とは、またどうして。
それは内緒。
例年だと、当日参加者を見て、米、醤油、味噌、インスタントラーメンなど、前事務局長が買い出しに走り回っていた。
日常食料品も悪くはないが、やはりちょっと思考を凝らしたい。
アーチェリーに関連する品を揃えたい。と思う。
国内のショップで買うのも良いが、やはり比較的安く手に入る外国のショップがベリーグー。
最近はあまり買ってないが、昔ちょくちょく買っていたイギリスのAlternaiveのサイトを見る。
一桁ユーロの品を探すがなかなか見あたらない。やはり二桁か。参加賞など数の多い物もあるので、当然出費が嵩む。
 まだ、参加者も決まっていない時点で数量を決めるのは至難の業だ。
今月は全日の申請に該当する最終の試合でもあり、他府県からも含め総勢70名の方々が参加してくれているが、来月はどうなるか分からない。それに、それぞれの地元の大会もあろうかと思う。
まあ、余れば次回に回そう。なんて、あれこれせこい考えをしながら、結局イギリスは諦め、我々の総本山であるFITAショップから買う事にした。
以前ここでは、吹き流しを2個買った。
ターゲットカラーでオリンピックにも使用されていた公認?吹き流しである。
で、早速、参加賞と各部門の入賞者分をいずれもワールドカップグッズで揃えた。
参加費が幾らはいるか分からない時点で、ほんま注文して大丈夫かいな。と心配をよそに、
ちょっとした出費であった。因みに去年の倍はかかってしました。
何とか、今月中に届いてくれないと、折角の早めに注文した苦労が水の泡?
万が一届かなかった時は来年の春季大会に回そうっと。

 9月は特別参加賞としてヤクルト400LT出しちゃいます。
何やら、乳酸菌シロタ株とやらが、新型インフルエンザ予防になるとか。ヤクルトのねーちゃんが言ってました。
ついつい人がええから、買っちゃいます。
参加される皆様お楽しみに。
って誰が見てるのでしょ。
2009年9月5日(土)
理事会無事終わる。
 今日は事務局長就任後初の理事会であった。
審議も滞りなく無事終わり、新事務局体制の始まりである。
といっても、事務局次長を3年程やっていた事もあり、さほど違和感はない。
が、いろいろ責任がのし掛かる。この重圧に耐えられるかどうか問題である。
いつまで、やれるか分からないが、次の人へバトンタッチするまでは精一がんばろう。
どうか、会員の皆さんよろしくご協力を。
協力してくれないと、お仕置きします。
2009年9月4日(金)
カウント100名達成。
世間様にはまだ公表していない(出来ないの方が正解?)にも関わらず、知らぬ間に訪問者が100名になっていた。
うれしい、恥ずかしい。延べ100名ではあるが、実際のところ数名?で何回も見てもらっているのかもしれないが、まあ良いとしよう。少なからず見て下さった皆様ありがとうございます。
その内、勇気を出して全国の友人にリンクをお願いしよう。かな。
さて、明日は、局長の晴れ舞台?就任後の初めての理事会である。
気合いいれて、明日に望もう。
そのため、今日は早く寝よう。・・・なんのこっちゃ。
2009年9月1日(火)
9月です。
 今日から9月、二学期の始まり。今年もあと四ヶ月となった。
 月日の経つのは本当に早く感じる。これも年を取ったせいだろうか?いやいやまだまだ若い者には負けなれない。と思う時点で既に年を取っていることを認めている証拠だ。
まあそんなことはおいといて、今月はまたビッグな試合がある。社会人フィールドアーチェリー選手権であるが、何とか毎年参加することが出来ていたが、今年はちょっと違う。
大会に出る事には変わりないが、選手として出るのと、役員とでは大きく違う。任務の責任や大会運営?など与えられた役割をテキパキとこなさなければならない。
 それに、来年2月に受験予定の1級審判員筆記試験の前に、実務研修を受けなければならないこともあり、早くから選手としての出場を残念し、『審判実務研修受けます。』と手を挙げていた。
 晴れて筆記試験に合格してから、次年度開催される北海道北広島市も非常に魅力的ではあるが、習得最短期間を狙っての計画的な犯行いや行動といえよう。
 本音を言うと、肩の調子も悪いし、この機会にスポーツ指導員と併せて『いてまえ打線』とあいなりました。
 青森同様、点にならないと試合になりませんからね。
この前、滋賀県のインターハイに行った時、雑誌アーチェリーのK松さんに一言言われちゃいました。「もっと練習してくださいね。」はい。でも肩がね。特効薬はないでしょうか?  と変な薬はダメ、だめ。
(因みに負け惜しみですが、今回男子CPの通過点は333点、もし申請していれば339点で無事通過)
選手の皆さん、今度私は審判よ。言う事聞かないとお仕置きよ。
2009年8月28日(金)
局長めでたく50歳
今日は、局長の第50回の記念すべき誕生日である。
全国から寄せられた、お祝いメッセージやプレゼントの整理に忙しい日である。
こうしている間にも、次から次へと宅配便がやってくる。
さあ、困ったものだ。寝るところもないくらい。家の中が一杯だ。
という夢でもみましょう。
 まあこれと言って変わるものではないが、何事も精一杯頑張ろう。
 明らかに体力は落ちてはいますがね。
2009年8月27日(木)
スポーツ指導員の話その2
ご覧のとおりの(誰が見てんねん)テキストが届いた。
 まずは、学習のてびきをじっくり読み、今後の対策を練らねばならない。
テキストを読み、出題される100問を9月、10月、11月と三ヶ月にわたり期日までに提出しなければならないのである。
 早速テキストなる物を全部丸暗記。てなことできるか。
 とりあえず、問題集を片手に、該当のところのみ進める事にした。
 出題内容は、テキストからピックアップしたのが大半であるが、手引き上では、『テキストを読んだだけでは解答できないものも含まれています。インターネットや図書館など活用・・・』だって。 おい。
 まあ実際そういう出題に遭遇した時また考えよう。という間に、やり始めると意地になる局長は、あれよあれよという間に100問全問無事解答。
 結果はわかりませんがね。
解答は一度に提出しても良いようで、しかし、幾ら早く提出しても結果発表は来年の1月だそうな。さああとは三ヶ月間思う存分遊ぼう。
 子どもの夏休みの宿題か。
2009年8月26日(木)
スポーツ指導員の話その1
今日仕事を終え帰宅すると、待ちに待ったスポーツ指導員のテキストが届いていた。
 6月頃だったか、本年度は京都府ア連にお世話していただくことになり、受講の申し込みをした。
そもそもなぜスポーツ指導員なるものが必要となったのは、2013年の東京国体より、監督は必ずスポーツ指導員の資格がないとできないシステムとなる。
 国体でのアーチェリー競技の存続諸々色んな理由により、取らざるを得ない状況となってしました。そのため最低でも各都道府県4人は必要となってくる。今年は奈良県から3名受講することになった。あとの二人は現職の教職員。この手のものはおちゃのこさいさいだろう。
 私は、過らっけし勉強なるものが未だに好きではない。
これから三ヶ月間、レポート提出とテキストの解答を考えると、早くも頭が痛くなる。
中身は、箱を開けただけでじっくり見るに至っていない状態である。
おって内容等については、日記で紹介するとしよう。
 晴れて試験に合格した暁には、次は実務講習として40時間受講しなければならない。来年の2月までの長き道のりの始まりである。ちゃんと合格できるかな。
 1級の審判員資格もとらないといけないし、頭の痛い平成21年度である。
2009年8月24日(月)
免許の話
 今日は5年ぶりの免許更新日だ。
 県の免許センターへ行けば即日交付してくれるが、ここ数十年免許センターへは行かず、地元の警察署ですませている。
 前回は、窓口で手続きを行ったあと、数分間交通安全のビデオを観て、後日新しい免許を受け取りに行く手配になっていたのだが、取りに行く日をすっかり忘れてしまい、引き取り日から一週間たった頃、滋賀へ全関西秋季に行く途中警察署の前でハタと気がついたがあとの祭り。結局期限切れの免許は不携帯扱いとなるそうで、滋賀の往復をびくびくしながら走って、無事捕まらず帰って来た。
 今回は、そんなへまのないように、マイカーの目立つところに、8月24日午後1時30分○○警察署のメモを貼り、携帯電話のスケジュールにもアラーム付きで設定。準備万態。で無事新しい免許証を貰って来た。
 新しい免許証は、区分が変更となり、以前は大型、普通だけだったのが、今回からは中型となるものが新たに加わり、乗れる範囲が少し細かくなったような。
 また、ICチップにデータがあるようで、四桁の暗証番号を二種類いれないと照合できないとか。
四桁一種類でも覚えなられないのに、二種類となると、いつかいる時にはすっかり忘れているだろう。
 でも、安心二種類の暗唱番号のメモは親切にくれた。これで安心。
ところがどっこい、免許センターからの派遣講師曰く
「このメモは感熱紙ですので、時期がくれば文字は消えます。」 だっそうだ。  な〜に。
2009年8月23日(日)
国体ブロックその2
第64回国民体育大会アーチェリー競技近畿ブロックに行ってきた。
我が奈良県最強選手団の結果は、大変惜しい?結果となってしまいました 。残念。
成年男子 5位 1853点  優勝 大阪府 1945点
成年女子 6位 1497点  優勝 兵庫県 1877点
少年男子 5位 1681点  優勝 和歌山県 1798点
少年女子 6位 1560点  優勝 滋賀県 1671点

みなさま、お疲れ様でした。

CPも国体の種目にならないのでしょうかね。
試験的に都道府県1チームで団体戦か、せめて、RCの前日にデモンストレーションで個人戦くらいしてくれないのでしょうかね。
いつの日か奈良県に国体が来た時、提案してみよう。 
却下。
あのターゲットめがけて狙いを決め。
いざ、シュート
矢取り。
2009年8月22日(土)
国体ブロックその1
明日、岸和田市へ第64回国民体育大会アーチェリー競技近畿ブロックに応援行く。
我が奈良県最強選手団の活躍を期待し、9月新潟県燕市の本戦へと行けることをひたすら祈るだけである。
どうか、諸君の健闘を祈る。   誰の物まねや。
2009年8月17日(月)
スタート
生まれて初めてホームページに挑戦。
いつまで続くか道は限りなく長〜い。
どこまで行くねん。